転職×マッチ

転職が当たり前の時代へ

一昔前は年功序列の終身雇用が当たり前だった時代ですが、 今や日本を代表する大企業までもが事業売却しなければ存続できない。 リストラによる人員整理も行われ、いつの間にやら終身雇用制度は崩壊。

大企業でもそのような状況なので、中小企業などでは、さらに大変!! そして、大転職時代へと突入しました!

人手不足時代の到来

大企業でも倒産危機に見舞われる一方で、団塊の世代の定年退職にともなって、 日本は今、深刻な人手不足の状況に陥っています。

総務省が発表した2017年3月の労働力調査によると、正規雇用の増加が続き、 前年同月比で26万人増えているそうです。 非正規は17万人の増となり、過去2年連続で正規雇用が非正規を上回るペースで増加しています。

労働環境の改善。ブラック企業の淘汰

インターネット社会になり、様々な情報がオープンになることにより、 企業の内情もわかるようになってきました。 ブラック企業という言葉も定着して、企業側も労働環境の改善に取り組み始めています。

働く側も、様々な情報に触れることにより、自分のいる会社が『ブラック企業かも?』と、 気づく機会が増えてきました。

厚生労働省の調べによると、 平成27年の1年間の転職者の転職理由は、男性は、一番多かった『その他:26.8%』を除くと、『定年退職・契約満了:15%』が最も高く、

次いで『給料等収入が少なかった:10.5%』『労働時間、休日等の労働条件が悪かった:10.5%』とあり、

女性は、『その他』の理由を除くと、『労働時間、休日等の労働条件が悪かった:13.8%』『職場の人間関係が好ましくなかった:12.2%』となっていました。

より自分に合った職場環境を求めて転職する人が増えてきています。

転職スタイルの変化 転職エージェントの登場

今までの転職情報誌や転職情報サイトでは、情報がありすぎて、逆にほしい情報にたどり着けなかったり、 あふれる情報から自分に合った求人情報を探すために、かなりの時間を費やしていました。 そんな状況の中で、最近では転職エージェントなどを利用するのが主流になってきています。

自分の持っているスキルや希望の条件を伝えて、転職エージェントに探してもらうスタイルです。 転職エージェントに探してもらうことによって、自分で探す手間が省けるだけでなく、 自分では思ってもいなかったような業種から、自分のスキルを評価されたりすることもあり、 自分の持っているスキルの可能性の幅が広がることもあります。

国の制度を知ることも重要

転職や会社を辞めた時、意外と問題なのが、年金や市民税・県民税、所得税などの税金関係の対応。 失業保険や公共の職業訓練など、知らないと損する情報もまとめる予定です。

仕事が決まるまで!

退職後の手続き

カレンダー


9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

運営者情報